小学生のみんなが誰しも使っているランドセルですが、ふわりぃランドセルのホームページにランドセルができるまでというページがあったので見てみました。

てっきり、今のご時世機械での大量生産が行われていると思ったのですが、そこに載っていたのはミシンを使ったり、針と糸を使って縫っていたりする写真でした。

一部、コンピュータで制御された機械が縫い合わせている部分もあるようですが、肩ベルトの所や大事な所、機械やミシンでは縫いにくい所は職人さんが手作業で縫っているようでした。

同じページの下の方に人工皮革の状態から裁断されて、部品ごとに縫われて、袋詰めをして出荷されるまでの動画があったのでついつい見入ってしまいました。

ほとんどの箇所が職人さんの手によって縫われていたので、とても丁寧な仕事がされた上で、ふわりぃランドセルが出来上がっているということを改めて知ることができました。

たくさんの職人さんの手によって作られたものなので、大事にしていかなければと思いました。